二次試験も合格したい!英語の資格試験を取ろう

英語の資格検定は様々

英語の力を身に着けることが、現代では強く推奨されていて、近々、小学校でも英語を教えようとする動きが出てきています。若い世代の中には、英語を話せるという人も増えてきており、日本人の英語力は少しずつではありますが、上達していっているでしょう。自分の英語の力を客観的に評価するためには、資格試験を受けるのが一つの方法です。いくつもの種類の試験があって、ビジネス用や留学用、英語全般の力を問うものなどがあります。

英単語力を伸ばしていこう

大学入試で難関大学を受験した人なら8000程度の単語力を持っていると言われています。これぐらいの単語力があれば、リスニングや英会話ができるようになってくるとも言われています。まずは、それぐらいのレベルの語彙力を身に着けることを目標にしましょう。英語の資格試験では、高いレベルの試験をクリアしたいなら15000語は覚えたいところです。それぐらい覚えていると、アメリカやイギリスのニュース番組や原書が辞書を引くことなく理解できるようになっていきます。

話す力を身に付けていこう

英語の資格試験の中には、二次試験があって英語を話す能力を測っているものがあります。試験では、試験用紙に書かれているイラストや写真の内容を英語で説明したり、言われたテーマについて自分の意見をスピーチするなどの項目があります。英語を話す能力に自信がある人なら、特別な対策をしなくても合格できるかもしれません。しかし、多くの人は試験に向けて数か月前から練習をしています。オンライン英会話で想定練習をしたり、出されそうなトピックを自分で考えてスピーチ文を考えるなどして対策していますよ。

医療事務の講座を受けたいと希望している人が増えています。通信講座を利用すれば、空いている時間に学べます。


やりがいがある!?家庭教師のバイトが良い理由

バイトをするときの問題点と対策

学生の時に生活や趣味などにお金を多く使いたい場合にはバイトを行って収入を得ることが大切ですが、やりがいを感じられなかったり、勉強が忙しくてできない日が多いと、収入が少なくなり、長続きしなくなりますよね。また、長時間働いていても時給が少なければ自分の好きなことにお金を使いにくくなってしまい、仕事の疲れが溜まったまま授業を受けていると、勉強に集中できなくなるので、学校生活にも悪影響が出ます。その場合には家庭教師のバイトをすることで、これらの問題を解決しながら収入を得られますよ。

家庭教師のバイトは良いことが多い!?

まず家庭教師は他のバイトよりも時給が高いので、普段の勉強が忙しくてバイトの時間があまり多く持てない人でも行うことが可能であり、急な用で行うことができない日があっても、教える生徒の都合がよければ別の日に勉強を教えられます。また自分の教える科目によって収入がさらに増えるだけでなく、自分の教え方が良ければ生徒の成績が上がるので、仕事のやりがいもありますよ。他にも生徒との対話によってコミュニケーション能力が上がればその能力を生かした仕事を行ったり、友人をより多く作れるきっかけになるでしょう。

家庭教師のバイトをするときには注意も必要

時給は高いですが、教えることができる時間は生徒によって異なり、自分の都合で時間を増やすことはできないので、収入を増やしたいときには他の生徒にも教えるなどの行動が必要でしょう。また、勉強が苦手な子供の場合は、普通に教えていても嫌がられてしまうので、どのように教えればいいのか考えることも大切であり、自分の教え方が悪ければ受験などにも影響を与えるということを忘れないようにします。責任感の強い仕事ですが、収入だけでなく、自分の学力を生かして子供のために働けるので、誰かのために役立ちたいと考えているときには家庭教師のバイトをしてみるのもいいでしょう。

家庭教師のバイトでは、生徒の自宅へ行って授業を行います。生徒の横について勉強を見るので、成績の伸びも上がります。

関連情報を詳しく調べてみた