やりがいがある!?家庭教師のバイトが良い理由

バイトをするときの問題点と対策

学生の時に生活や趣味などにお金を多く使いたい場合にはバイトを行って収入を得ることが大切ですが、やりがいを感じられなかったり、勉強が忙しくてできない日が多いと、収入が少なくなり、長続きしなくなりますよね。また、長時間働いていても時給が少なければ自分の好きなことにお金を使いにくくなってしまい、仕事の疲れが溜まったまま授業を受けていると、勉強に集中できなくなるので、学校生活にも悪影響が出ます。その場合には家庭教師のバイトをすることで、これらの問題を解決しながら収入を得られますよ。

家庭教師のバイトは良いことが多い!?

まず家庭教師は他のバイトよりも時給が高いので、普段の勉強が忙しくてバイトの時間があまり多く持てない人でも行うことが可能であり、急な用で行うことができない日があっても、教える生徒の都合がよければ別の日に勉強を教えられます。また自分の教える科目によって収入がさらに増えるだけでなく、自分の教え方が良ければ生徒の成績が上がるので、仕事のやりがいもありますよ。他にも生徒との対話によってコミュニケーション能力が上がればその能力を生かした仕事を行ったり、友人をより多く作れるきっかけになるでしょう。

家庭教師のバイトをするときには注意も必要

時給は高いですが、教えることができる時間は生徒によって異なり、自分の都合で時間を増やすことはできないので、収入を増やしたいときには他の生徒にも教えるなどの行動が必要でしょう。また、勉強が苦手な子供の場合は、普通に教えていても嫌がられてしまうので、どのように教えればいいのか考えることも大切であり、自分の教え方が悪ければ受験などにも影響を与えるということを忘れないようにします。責任感の強い仕事ですが、収入だけでなく、自分の学力を生かして子供のために働けるので、誰かのために役立ちたいと考えているときには家庭教師のバイトをしてみるのもいいでしょう。

家庭教師のバイトでは、生徒の自宅へ行って授業を行います。生徒の横について勉強を見るので、成績の伸びも上がります。

関連情報を詳しく調べてみた

重要!借金の返済が困難になった場合の最終手段である自己破産について

債務整理の方法について

もし借金の返済が困難になった場合には、債務整理をして借金の返済負担を減少する方法があります。債務整理の方法には任意整理、個人再生、自己破産があります。最も手軽に出来るのが任意整理ですが、債務の減額効果は少ないです。個人再生は債務を五分の一程度に減らすことが出来、自己破産は全ての債務を免除することが出来ます。しかし個人再生と自己破産は裁判所を通じて手続きを行う必要があり、裁判所から認可されなければ債務を減額することは出来ません。

自己破産によるデメリットについて

債務整理の中で最も債務の削減効果が高いのが自己破産です。全ての債務が免除されますが、それに伴うデメリットも他の債務整理に比べて大きいです。自己破産の場合は5年から10年間は信用情報期間に事故情報が残っていますので、新規の借入やクレジットカードの作成などの審査は通らなくなってしまいます。債務が免除出来る代わりに持っている財産も一部を除き手放さなければいけません。また免責が決定するまでは一部の職業には就けなくなってしまいます。

自己破産を選択する前に知っておきたいこと

自己破産は手続きを行えば必ず債務を免除出来る訳ではありません。ギャンブルや浪費による借金の場合には、裁判所から認可されません。認可されなければ今後も借金の返済を続けていく必要があります。また自己破産によって借金の返済負担から逃れられたことを喜んでいるだけでは、いけません。なぜこれほどまで借金の返済負担が大きくなってしまったのかということをきちんと考えなければ、今後また同じ状況に陥ってしまう恐れがあります。

自己破産というのは、裁判所の許可を得て、借金の全額免除を受けることを言います。債務で首が回らなくなった人でも再スタートできる方法です。

自己破産のデメリットについての参考ページ
コラムの補足ページ