日本国内はもちろん世界においても腰痛持ちって多いようですね!

腰痛はほぼ9割の人が経験していると言われています

腰痛に悩む日本人の数は約1千万人から3千万人と言われ多くの人が腰痛で悩んでいるようです。米国においても全人口の15%から20%の人が腰痛持ちで両国共に職場で発生することが多いようです。黒人や白人に比べて我国の人々は腰回りの筋肉が細くて弱いこともあって腰痛になりやすいとされています。原因には骨や筋肉の問題やストレスなどが関係することも多いようです。2週間から3週間で直る場合もありますが再発率も高いとされています。

腰痛になったらどうするかという問題があります!

室内で仰向けに寝て腰の下に指圧器をあてがって位置を上下させて効果があがることもあります。あるいは同じく仰向けになって2本の足を床面からそろえて先端部を上部へ20センチほど持ち上げて静止し、それを繰り返す、さらには側へ交互に腰を捻る方法を取ることも試してみても良いものです。椅子に座って腰を前に折り曲げて足の指を掴む運動とか背中側へ身をそらす、あるいは立ったりしゃがんだりの運動や片足づつ前に出して身をかがめるストレッチ体操を行うことも良いとされます。マッケンジー体操というよく知られた自宅でできる体操もあります。

さらに痛みがひどくなった場合には!

痛みが取れない場合は整骨院へ行って治療を受ける方法もあります。ここでは低周波や超音波、マッサージ、背骨の矯正など数種類の方法を組み合わせて行われます。病院の整形外科は専門科目ですが、MRIなどの画像診断から症状が判断されて椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の場合手術を勧められる場合もありますが、再手術に至る場合もあるようです。最近注目されているのが外国から入って来たカイロプラクテッィックという治療法で、これは痛みを伴わず、骨組と神経の位置を確かめ、神経が圧迫されている部分を開放するやり方でこれで完治する場合もあります。

鍼灸は、ハリ治療とお灸の治療のことを言います。ツボにハリを刺すのが鍼で、ツボにもぐさをのせて着火するのがお灸です。いきなり施術をするのではなく、あらかじめ患者さんに症状などを聞いたうえで最適な施術を行います。治療に使われるハリは、使い捨てや、きちんと滅菌されているものなので、感染の恐れはなく安心です。

もっと詳しく調べる
しっかり学ぶ!鍼灸師の補足情報

接客のマナーって?言葉遣いや礼儀作法、身なりなどについて

接客の際の正しい言葉遣い

接客の仕事において、「ありがとうございます」や「いらっしゃいませ」は基本となる挨拶ですが、それ以外にもお客様と接する際にはいろいろと言葉遣いに注意したいものです。「分かりました」ではなく「かしこまりました」、「行きます」ではなく「参ります」「伺います」、というように、正しい敬語をきちんと学んで使うようにしましょう。何かを説明する際にも、丁寧な言葉遣いでハキハキと分かりやすく手短に話しましょう。分からない際には適当なことを言わずに、きちんと上の人に確かめるようにすることも大切です。

接客に大切な礼儀作法

接客する上でマスターしておきたいことは、正しい礼儀作法です。例えばメニューなどをお客様に手渡す際には、上下の向きをきちんと確認して、お客様の見やすい方向にして差し出すようにしましょう。またお辞儀の仕方やお見送りについても、お客様の姿が見えなくなるまでお見送りをすることが基本です。そのほかにも、お客様の前を横切らないように心がけたり、接客する際にはさわやかな笑顔を忘れないようにすることも大事ですね。

きちんとした身なりも大切なマナー

接客の仕事をする際には、言葉遣いや礼儀作法がきちんとしていても、だらしない身なりでいては意味がないでしょう。お客様に接する際に失礼のないように、きちんと身なりを整えることは何より基本です。白いシャツであれば黒ずんだりシワが寄らないようにしましょう。また髪の毛が長い場合には、アップにしてまとめると清潔感が感じられますね。指先も、最近は長い爪にネイルを塗っている女性が多いですが、できれば爪は短く切りそろえて、ネイルを塗っても良い仕事でも薄い目立たないカラーにすると良いでしょう。

おそらく就業規則を知らないで働いている人は多いと思います。企業によっては特殊な規則を設けているところもあるので、知らないで働いていると損をしたり、不意なことから罰を受けるケースも考えられます。特に注意が必要なのが、有給の取得や退職時についての規則であり、契約時によく目を通しておくのが良いです。自分の働く企業についてはよく知っておく必要があります。

渋谷の社労士を理解しよう
社会保険労務士の就業規則が理解できるページ