何が起こるかわからない!万が一の火災保険

万が一の時の保険対策

マイホームを持っていたり、家賃収入がある人は、大きい買い物であるだけに長くよくもっていたいものですよね。しかし近年、異常気象も激しくなってきて不安が増えてきています。そんな人には火災保険に入ることがオススメです。火災保険では、自分のちょっとしたミスや延焼によってマイホームやアパートが燃えてしまった場合に支払われる保険のことをいいます。火災以外にも落雷や風災、水災などに対応していることもありますが、地震による火災には対応していないこともあります。

火災保険ってどんなもの?

保険は色々な種類があって何に加入すればいいのかよくわからないという人も多いですよね。火災保険というのは、もちろんその名の通り火災に関する保険のことです。火事が起きてその建物を今まで通り使えなくなってしまったときに支払われます。火事の延焼で家が使えなくなってしまったとき、多くの場合賠償金が支払われることはないので、万が一の時のために火災保険に入っておく必要があります。また、加害者になってしまったときのために個人賠償責任保険に入る必要もあるでしょう。

一緒に加入する個人賠償責任保障

火災保険には、多くの場合は個人賠償責任保障が付いています。延焼によって建物が燃やされてしまった場合、多くの場合、相手から賠償金が支払われることはありませが、延焼させてしまったとき自分に大きな過失があった場合は賠償義務が生じます。それを補償するのが個人賠償責任保障です。この個人賠償責任保険に加入していることによって、火災事故のほかにもガス爆発事故やマンション住まいで水濡れ損害を起こしてしまった場合でも保障されることもあります。

火災保険には必ず入っておくことと、保険内容は必ず把握しておかなければなりません。例えば自分の隣宅で火災が発生し、自分の家に火が燃え移ってしまった場合、出火原因に過失が無ければ、損害賠償等を隣人に請求することが出来ないケースが多いです。よって、保険に入っておくことが重要なのです。保険はよく吟味して選びましょう。

火災保険の保険料についての参考ページ
もう読んだ?火災保険の見積もりの情報

デザイン系の専門学校に通った事でわかった事

「デザイン」って難しい事じゃなかった

デザインをしてください、って言われると「私には無理」「才能がない」なんて思いがちですよね、私もそうでした。独創的な世界なんて作れない、センスがないからきちんとしたものが作れない、アイディアなんて出てこない、最初はそんな悲観的な気持ちで嫌々取り組んでいましたが、同じクラスの子達が黙々と楽しそうに作っているのをみて羨ましくなり、どうしたらそんなに素敵なアイディアを思いつくの?と質問すると彼女たちは日ごろから色々なものを見聞きして感性を磨いているとの事。それから私は読書や映画、絵画展など色んな事に関心を向け、自分のセンスを磨いていきました。すると不思議とアイディアが次々に浮かんできて、楽しくデザインできるようになりました。最初からダメって思いこむのはよくないですね、私にもデザインができるようになりましたよ。

「個性」をいかにだすか

ほとんどの授業でクラス全員が同じお題に挑むので当然同じアイディアを思いつく子もいるわけです。その中でいかに自分の個性をだすか、人と違ったものを作れるか、簡単そうで難しいんですよね。トリッキーなものにしすぎると賛同を得られませんし。個性を出して特徴的なデザインをするけれど、常識の範囲内で、大きく逸れたりしないように、そのバランスの調整が難しいです。何度も何度もデザインしたものと自分と向き合って、絶妙なバランス調整で納得のいく作品を作り上げていきました。

「人との繋がり」によって広がる世界

友達、ライバル、先生、それぞれがそれぞれの世界を持ってるので関わり合いが増えれば増える程自分の世界が広がっていきます。友達の友達が友達になって、知らない世界に触れることができ、すぐれた作品を作る人を勝手にライバルにして目標を高くして取り組み、的確なアドバイスを先生にもらうことで成長していきました。一人で学んでいたら決してできなかった事であり学校に通う、という事はそういう事なんですね。自分の可能性は自分だけじゃ広がりません、人と繋がることによって広がっていくものなのです。

ゲームの専門学校とひとくちに言っても、たくさんの分野があります。開発に携わるゲームプログラマーや最近人気のスマートフォンゲームの開発、ゲームには欠かせないグラフィックやキャラクター、音楽のクリエイターまでを育てています。2年制や3年制が多く、しっかりと基礎からゲーム関連のことについて学ぶことができます。

補足情報についてはこちらから
これでばっちり!アニメの学校の情報はこちらから